ヘアカラーの退色はふせげない?(柏縮毛矯正ストレートパーマカラー)

色持ちに満足しない方必見!

カラーの色持ちって悪くないですか?

染めれば染めるほど髪は傷み抜けるのが早くなりますよね?

明るくしたい方なら問題ないかもしれませんがそうでない方にとっては大変です。

そんなお悩みの方必見なキレイ髪カラーとは?

なんで退色するのかわかりますか?

カラー剤には脱色効果と染色効果があります。

脱色しなければ明るくなりませんから仕方ないことなんです。

脱色したら染色しますから、普通のカラー剤で何度も染めていくと・・・

脱色→染色→脱色→染色→脱色→染色と繰り返されるわけですからどこかでやめないと大変です。

真ん中の写真を見てもらいますとわかりますがブリーチと黒染めを繰り返した中間部分になります。

なんかグロいですね。

そして毛先なんかはこんな感じになります。

真ん中の写真ですね。

キューティクルがなくなってしまいます。

こうなるともう色が抜けるのが早いですね。

これは髪の模型になるのですが1番外側がキューティクル、薄いピンクの部分はコルテックス、真ん中の白い部分がメデュラといいます。

髪の構造は巻き寿司に例えられることが多いのですが

のり・・キューティクル

ごはん・・コルテックス

具・・メデュラ

のりがしっかりしてなければ、中のごはんや具がでてしまいますし、ごはんや具がつまっていないとヘナヘナです。

これは健康毛の模型ですのでのりもきれいでご飯もバッチリ詰まってます。

これがミドルダメージ。

模型ではハイダメージとなっておりますが、ミドルダメージだと思います。

のりがかなりめくれご飯が少なくなっていると思います。

ガサガサな感じが伝わりますか?

またごはんの部分は大切で少なくなるとパーマがかかりにくくなったり、カラーの色持ちが悪くなったりします。

のりとご飯の大切さわかりましたか?

色持ちが悪くなる原因はダメージの蓄積です。

ではキレイ髪をやってみましょう!

こちらのお客様はキレイ髪ストレートをかけております。

が・・・

朝一のお客様でしたので髪をまとめてご来店したのでみだれております。

 

まあ根元のキレイさは健在!

2ヶ月前の施術だと感じさせない仕上がりに満足して頂いております。

キレイ髪カラーは、脱色と染色を別々にしていきます。

今回はカウセリングで今の色よりも暗めの色をご希望でしたので根元をリフトアップ!

キレイ髪カラー染色

根元のカラーが終わった状態です。

キレイ髪ストレートをやっているというのがわかりやすい写真ですね!

これで終わりでも良さそうな感じですが染色をします。

色味をいれながらトリートメントをしていきます。

カラー剤はオリジナルで弱酸性領域。

このカラー剤大好きです。

仕上がりになります。

少し乱れておりますがわざとです。

2ヶ月に1度が理想です。

少し寒くなっておりますので暗めな色でイメージチェンジ!

それと同時に色味を入れてもダメージレス。

この最高なカラーで最高な色持ちと色味を手に入れてください!