キレイ髪メニューとは

ハルール は、千葉県で唯一「キレイ髪メニュー」を提供するサロンです。
キレイ髪メニューとは、「サロンで髪に与える負担を弱酸性の薬剤などを使用し徹底的に排除し、ダメージから守ることで、キレイな髪を作る」メニューです。

なぜダメージがあるといけないの?

多くの場合、髪のダメージによりパーマやカラーが決まらない、長持ちしません

傷んだ髪はスタイルを作る上でも邪魔になります

残念ながら、一度ダメージを受けた髪は元の状態に戻ることはありません。
ダメージ毛は内部がスカスカで色素成分が抜けやすかったり、パーマの形を支える髪の内部の結びつきがすぐに切れてしまい、ストレート(縮毛矯正)、カラー、パーマが決まりにくく、さらに持ちも悪くなります。
「パーマかかりにくいですね」「カラーすぐ落ちますよ・・」と美容室で言われてことはありませんか?お客様はそれがご自身の生まれ持った髪質のせいだと思っていますが、多くの場合は、ダメージが原因です。

キレイ髪はパーマやカラーが髪に与える負担を徹底的に排除することで、決まりやすく、長持ちするメニューです。
「春にはパーマをかけたいな・・」「就活が終わったらカラーをしたいな・・」と

次になりたいスタイルのために、なるべく生まれたままの髪の状態に近い状態で保つ努力をすることが、サロンの役割だと考えています。

髪が綺麗に見えません

損傷したキューティクルモデル

サロンでブローをした後、トリートメントをした後、髪のツヤがアップしたように感じませんか?
それは、髪の表面のキューティクルの凸凹が抑えられ、光が乱反射しないからです。しかしブローでは一時的にそのように見えているだけです。
キレイ髪では、髪のダメージを最小限に抑えることで、キューティクルの損傷を防ぎます。だから、髪のツヤがアップしキレイな髪を保ちます。

どうやってダメージを防いでいるの?

パーマやカラーで、髪の形状や色を変えようとすると、どうしても髪の表面のキューティクルを開いたり、髪の内部の成分の結びつきを切る必要があり、これがダメージにつながります。

キレイ髪メニューでは、このダメージを最小限にとどめるために、髪に余分な負担をかけることに徹底的に排除し、一般的なアルカリ性の薬剤とは異なり、独自の”弱酸性”の薬液、水(軟水)、スタイリストの毛髪科学の知識と技術に徹底的にこだわっています。

アルカリ性と弱酸性

アルカリ性の薬剤はどうしても髪に負担をかけてしまいます。弱酸性は肌や髪と同じ。優しくキューティクルを開いたり、内部の結びつきを切ることで、髪への負担を最小限にします。
>>アルカリと弱酸性が髪に与える影響についてはこちら(youtube 卵実験)

負担をかけた分も補います

パーマやカラーの最後に、負担をかけた髪にしっかり栄養と水分を補給することで、髪の内部、表面共にいい状態に保ちます。

ダメージを防ぐための時間をください

弱酸性の薬剤で、髪に負担をかけずに施術するため一般的なパーマやカラーよりも時間がかかります。ただし一度受けたダメージは元には戻りません。後戻りできない髪にしないために、私たちに時間をください

キレイ髪メニュー

各メニューの詳細は下記よりご覧ください。
キレイ髪ストレート(縮毛矯正)
キレイ髪パーマ
キレイ髪カラー
キレイ髪ヘアエステ
キレイ髪カラーエステ