髪をきれいにするために家でできること

髪に関する本を読んでみて

最近、本を何冊か買いまして・・・

こう少し空いた時間で読んで自分を奮い立たせる本や・・・

いつか南国ビーチで時間を気にせずのんびりと波の音でも聞きながら読みたい本・・・

などなど買ったのですが、髪についての本も買いました。

そこで何冊かの本に書いてあったシャワーヘッドの交換。

それを実践してみたのでその報告をしたいと思います。

まず塩素って何?というところから。

塩素塩素は水道水の消毒に使用されており、水道法の規定で、各家庭の蛇口で1リットルあたり0.1mg以上の濃度を保つように規定されている。一方、有機物と塩素が反応することにより、塩素臭(カルキ臭)が発生するほか、発癌性が疑われるトリハロメタンを生成するといわれ、同様に塩素で汚水処理を行うと水路に塩素化有機物が流れ出てしまうのではないかという懸念の声もある。日本の水道基準値はWHOよりも厳しく、発がん性を問題視する必要はない。コレラなどの病気がほとんどの国で駆逐されたのは、塩素を含んだ水道水のおかげでもある。近年は水道水の高度処理が進み、塩素臭は以前に比べて弱まっている。

Wikipediaより

という感じですね。

あとは色々書いてありましたが、難しいことはとりあえずおいておきます。

塩素ってそんなに悪いもんではないんではない気もしますね。

しかしながらこればかりは試してみないとないとわかりません。

ということでシャワーヘッドを交換してみました。

こちらになります。

目的として1番は塩素除去。

そして節水。

このバランスが大切でして、すごく浄水できても節水効果がなかったり、ただ勢いが強かったり。

そして個人的に大切したのはデザイン。

なんか自宅のバスルームにあわないとなんだかな?という感じも嫌だったのです。

そして価格。

高すぎてもきついし、安すぎても不安だし・・

塩素除去、節水効果、デザイン、価格とこの4つのポイントをクリアしたシャワーヘッドはこれになりました。

日本アトピー協会推薦品も後押ししてくれました。

 

 

ただ効果としたらあまり感じず・・・

w。

こういうのは個人差があると個人的には思うので使用していこうと思います。

というわけで自宅でできるケアとしてシャワーヘッドの交換。

効果を感じてはいませんが割とおススメです。

なぜおススメかというとやらないよりはやったほうがいいのではないかと思うからです。

なんでも経験ですからね!

まあ結果を感じなくても水道代が安くなりますからね!

効果を感じたらまたブログにてご報告したいと思います!

実はカートリッジが2種類あるからなんです。

楽しみです!

キレイ髪メニューは軟水装置を通した水を使用しております。シャンプー時のお湯も軟水です。キレイ髪メニュー施術時は全て軟水なんです!

水道水をそのまま使用するとキレイ髪メニューの薬剤やトリートメントの効果効能を阻害して、パホォーマンスを低下するのが理由です。

なのでキレイ髪メニューをされているお客様はシャワーヘッド交換は効果を感じるかもしれませんね!

まあ普通のメニューよりもキレイ髪メニューは効果を感じますが…

そして髪を綺麗にするその先にあるのは良いスタイルを作るということなんです。

良いスタイルを作るためには髪の素材というのがとても大切です。

パサパサやチリチリではいくらなんでも…というかんじなのはお解り頂けると思います。

そしておもしろいコラムがありました。

 

人生とは連続した時間の積み重ねであり、その結末として誰にでも必ず訪れるのが死だ。であれば、さかのぼって普段の心がけ次第で安らかな最期に近づくことも可能になるはずだ。心筋梗塞やくも膜下出血のように悶絶の痛みと苦しみを伴って亡くなる症状もある。

日本救急救命士協会会長の鈴木哲司さんは苦しまずに亡くなる人の傾向について、こんな指摘をする。

「直接関係ないように思うかもしれませんが、歯や髪、爪を大切にしている人は苦しまずに亡くなる傾向があるように思えます。特に歯のケアを怠ると心筋梗塞や誤嚥性肺炎、認知症などのリスクが高まりますし、何より、生きざまが歯に表れる。きちんと自己管理ができている人は歯がきれいで、病気にもなりにくいものです」

髪の毛や爪も同様に、自己管理の状態を如実に示すものであり、自分を大切にしているバロメーターでもあると鈴木さんが言い添える。

「自分自身を愛し、大切にしているからこそ、周囲にも優しくできて人も集まってくる。結果的に多くの人に見守られながら旅立てるのは、こういう人です。普段の行いがこういったところにも表れます」

 

だそうです。

きれいにする大切さですね!